2010年1月19日火曜日

適性検査だった

職業訓練校の事前説明会に参加してきた。
ただの説明会だと思って気楽に出かけたら、適性検査があって「しまった!」と思った。
同じ形の図形を探したり、間違いを探したりする、あれ。もう少し緊張してテキパキやればいいところを、気楽にし過ぎていたため、問題を解くスピードが自分でも遅かった、と思った。
特に「簡単な計算問題」といわれる問題。小学校の頃は残され組で、夕方の教室で泣きながら解けなかった算数の問題を解かされた辛い思い出を持つ私は、簡単な計算式を見ただけで脳が死ねる。そう、深いトラウマを抱えて生きてきたし、生きていくのである。

思えば、高校は推薦で入学した私は、受験勉強をしたことがない。

この度の「簡単な計算問題」も、必死で指折り頑張ったけれど、普通の人の速度には絶対にとどいていなかった。
更に追い討ちをかけるように、やはりというか、職業訓練校の入学希望者の倍率の高さよ。今春卒の中学生の姿もあった。年齢が若ければ採用の優先順位も上がるが、私のような、何もかもが中途半端な年齢とキャリアはネック。

低学歴の非正規は、社会の礎としてお国のために支配者階級のために死んでゆけよ、ということなのだろう。(
人生まるごとボランティア。まぁそれも致し方ない。私もさすがに、つまらん人生を無理に生きていく気はしない。

しかし職業訓練校の選考からもれても、せめてテキストや学習ポイントを入手できるようにしてほしいものだ。質疑応答の時にそれを訊ねると、「合格しない限りテキストは販売すらしない」とのこと。

何年もボランティアのようにひたすら低賃金で世に役立ち続けて、雇用保険と税金をマジメに納め続けて、それでこんな時に自分には何一つ得るものがないって、冗談じゃない。せめて最低限、学ぶ機会を与えろよ。…

と、合否を決める面接はまだ先なのに、「本日の説明会の感想をお聞かせ下さい」というアンケート用紙の感想欄に、訓練校並びに厚労省にそのように申し立てをする私は、我ながらもっと自分を大切にすべきだったかもしれない。私一人がそのように申し立てても、何も変わらないだろう、今までからこの国はそうだった。
きっと、もっと媚びて無味乾燥なことをヘコヘコしつつ書いて、粒ぞろいの使い易い小粒ちゃんを装わねば、私は合格には近づけなかった。しかし、そういうことをする人たちが、ダラダラとこの国を追い詰めてダメにして、私のような者がしわ寄せを食らっているという思いが強い。

こうなれば、そもそもが「ダメもと」である。
どうせ死ぬなら、悔いなく生きてこそである。吐き出すものは吐き出しておけ。
 

0 件のコメント:

このブログを検索